第3回 アクセンチュア フォトコンテスト 結果発表 テーマ:ふくしまの笑顔 後援:福島県

難しいテーマにもかかわらず、今回も多くの力作をお寄せいただきました。
まことにありがとうございます。
本当の復興とは、以前よりも多い笑顔を取り戻すこと。そんな思いが湧き上がってくる
受賞作をご覧ください。力作にお応えして受賞作を増やしました。
受賞された13名の皆様、おめでとうございます!

審査員総評

今回は「ふくしまの笑顔」がテーマでした。
みなさんから寄せられた作品はどれも、家族、友人、隣人へのやさしい視点に満ちていて、審査していて気持ちが温かくなりました。見る人をにっこりさせる作品も多数ありました。
震災から年月が経っても福島が置かれている状況は決して忘れてはいけないものがあります。そんな中での笑顔の貴重さ、大切さを改めて感じさせてくれる作品たちでした。笑顔の写真には見る人をポジティブにしてくれるパワーがあります。入選作品を見た人は、きっと福島を応援したい気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。
福島とそこに生きる人々の明るい未来を願わずにはいられません。

ハービー・山口
Herbie Yamaguchi

写真家。1950年東京都出身。ロンドンに10年間在住中、劇団員を経て写真家となる。
アーティストから市井の人々までを「生きる希望、人が人を好きになる写真」をテーマに撮り続けている。
清楚なモノクロームの作風を好むファンは多く、写真表現の他、エッセイ執筆、ラジオのDJ、さらにはギタリスト布袋寅泰のアルバムには作詞家として参加している。2014年ドイツのカメラメーカー、ライカ社の100週年のイベント「Eyes WIde Open, 100Years of Leica Photography」には過去100年間の世界のライカ写真家140名の1人に選ばれている。
九州産業大学、大阪芸術大学各員教授。
herbie-yamaguchi.com

最優秀賞

門林 泰志郎さま 「みんな応援団」

「みんな応援団」

■撮影場所/塙町 秋の産業祭

■ご使用のカメラ/Nikon D4S

■コメント/今年も実りの収穫祭、塙町産業祭での陸上幅跳びの凄さ。力と元気と勇気をもらう。

審査員講評

走り幅跳びで10数名を跳び越えようとしている、大勢の人々がそれを見守る、その一瞬の緊張感がよく出ています。見物人ひとりひとりの表情に物語があり、見飽きない写真です。多くの要素が構図的にうまくまとめられているのに加え、空を飛ぶジャンパーをとらえたタイミングが的確で、感心しました。

優秀賞

酒井 なみさま 「ひとやすみ」

「ひとやすみ」

■撮影場所/福島県田村市大越町

■ご使用のカメラ/Nikon D7000

■コメント/福島は米の美味しい所です。おばちゃん達が一汗かき、ひとやすみしている時に声を掛け撮らせて頂きました。

審査員講評

畑しごとのひと休み。笑顔をうまくとらえました。この年代で元気に働き、生産をして社会につながり、仲間とつながる。人生の理想かもしれません。この作品を見た人はきっと説得力ある笑顔に深く感動すると思います。

優秀賞

相楽 執一さま 「夏の思い出」

「夏の思い出」

■撮影場所/福島県郡山市

■ご使用のカメラ/Nikon D500

■コメント/九州から孫達が集まりました。 孫を連れて消防署に見学に行き、帰りにお土産をもらって帰ってきました。孫達は嬉しそうでした。

審査員講評

小学生が何かに興味や憧れを持ち、大人たちがそれに応えるという交流はとても大切だと思います。カメラの前に並んだ子供たちと消防士の表情から、温かい関係が感じられやさしい気持ちになります。

佳作(9名)

山口 元広さま 「梵天に願う」

「梵天に願う」

■撮影場所/福島県本宮市

■ご使用のカメラ/Canon EOS 40D

■コメント/家族の幸せを願い、梵天をつかみ取ろうとする女性たち。 苦悩する福島に幸あれと願う。

入岡 一郎さま 「転んでも起き上がる!」

「転んでも起き上がる!」

■撮影場所/会津若松市 芦ノ牧温泉

■ご使用のカメラ/Canon EOS 60D

■コメント/震災以来2年振りに訪れた芦ノ牧温泉の入口には、大きな起き上り小法師が並べられ、笑顔で我々を歓迎してくれました。これは、「転んでも起き上る」という精神を玩具化したもの、正に辛抱強い会津人の象徴ではないでしょうか?

相田 勝仁さま 「仲良し姉妹」

「仲良し姉妹」

■撮影場所/福島市民家園

■ご使用のカメラ/Canon EOS 6D

■コメント/古民家にのつるし雛で、二家族の姉妹が楽しげに遊んでいるところが印象的でした。

小西 直昭さま 「存分に噛んで下さい」

「存分に噛んで下さい」

■撮影場所/三春町内

■ご使用のカメラ/SONY α33

■コメント/三春町の春祭りです。長獅子が町内をまわってお祓いをします。どうぞ顔目一杯噛んで震災もう二度と来ないようよろしくお願いいたします。

辰巳 功さま 「黄色の海」

「黄色の海」

■撮影場所/喜多方市三ノ倉高原

■ご使用のカメラ/Canon EOS 5D Mark III

■コメント/菜の花が最も綺麗な状態だった。黄色に澄んだ透明感があった。畑の中の通路に日傘を差した女性が現れた。3人の配置が構図の中でいい位置に来るのを待ってシャッターを切った。

太田 誠二さま 「がんばろう福島」

「がんばろう福島」

■撮影場所/喜多方市

■ご使用のカメラ/Nikon D5100

■コメント/元気な七夕の織姫たちです

田巻 優子さま 「夏休みの思い出」

「夏休みの思い出」

■撮影場所/二本松市笹谷親水公園

■ご使用のカメラ/Canon 60D

■コメント/油井川の河川敷きに整備された笹谷親水公園は、小さな子供でも安心して水遊びができるようになっています。夏休みの最後の日曜日台風後で増水していましたが、たくさんの人がいました。橋から見えるところで小学低学年から高校生ぐらいの女の子のグループが目に入りすごく楽しそう。ご近所さんなのか親戚なのか・・・微笑ましかったので撮らせていただきました。

浅野 良さま 「ハッピーハロウィーン」

「ハッピーハロウィーン」

■撮影場所/吾妻運動公園

■ご使用のカメラ/Nikon D5

■コメント/ハロウィンの季節、ライトアップを見に行きました。こんなに笑う会話がどんな内容のものだったか覚えていませんが、かぼちゃも笑う程楽しかったと思います。

平野 昌子さま 「笑顔で応援」

「笑顔で応援」

■撮影場所/いわき市

■ご使用のカメラ/Canon EOS 40D

■コメント/「いわきサンシャインマラソン」にて撮影。この傘は「いわき」をはじめとする東北の子供たちの笑顔をプリントした傘です。ゴール間近で応援しました。ランナーは「笑顔」が走るエネルギーになったようでした。(アートディレクターの許可を得て撮影)

審査員賞

永田 卓也さま 「あおぞらキャンバス」

「あおぞらキャンバス」

■撮影場所/白河市南湖公園

■ご使用のカメラ/Panasonic DMC TZ30

■コメント/あおぞらのもと笑顔がはじける

参加賞
2018年カレンダーは抽選で100名様に12月初旬にお送りいたします。
当選発表は発送をもって代えさせていただきます。

お問い合わせ

アクセンチュアフォトコンテスト事務局 info@myfukushima-photo.com

お問い合わせをいただいた場合、原則として3営業日以内にご回答します。
3営業日以内に何らかの回答が無い場合はお手数ですが再度お送りください。
▲ ページの先頭へ
Copyright (c) myfukushima-photo. All Rights Reserved.